ダイヤリー

ホリエモンこと堀江貴文が『一橋大学は価値が無い』と発言。その真の意味とは・・・!?

みなさんこんにちは。

今回はあの有名なホリエモンについての話をしたいと思います。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、AbemaTVで東大受験企画をしていることをご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。

実際に番組まで見ている人というのはなかなかいないと思うのですが、

その番組の中で、ホリエモンさんが『一橋大学は価値が無い』という発言をしていて、ちょっぴりネット上でそのことが話題になったので、

ホリエモンがどのような意味を込めてそのようなことを言ったのかについて考えていきたいと思います。

ホリエモンが『一橋大学は価値が無い』と発言したシーン

実際に発言したシーンが収録されているものが以下の動画です。

この動画の10:40あたりの『堀江の金言その5』のところです。

これに対してネットでの反応はというと、

というようなものでした。

東大生や一橋生のインタビューでもホリエモンの発言を肯定するような意見の人が多く、

『頑張って入った割にはそこまで良くないよね』という発言もありました。

そもそも『一橋大学』ってなんぞや?

AbemaTVを見ていた方でも、

ホリエモンが『一橋大学には価値がない』と発言した時に、

『そもそも一橋大学ってなんやねん』と思った方も多いと思いますが、

一橋大学というと、ちゃんとした大学受験勉強をした人たちは当たり前のように知ってるのですが、

一般人レベルだと知らない人がたくさんいます。

この大学の難易度は知らない人からすると驚きかもしれませんが、実は文系の中では最高峰レベルの大学で、

東京大学ほどは難しくないが、京都大学に匹敵するほどの偏差値があります

ということは、私立トップ大学の慶應義塾大学や早稲田大学よりも偏差値が高く入試難易度が大変だということなんですね。

就職も超最強で、平均年収が1300万ほどあると言われている三菱商事や伊藤忠商事などの五代商社や、大手広告代理店、メガバンクなど、

平均レベルの大学を卒業している人では到底就職することができないようなところにバンバン就職している大学です。(割合的には早慶よりもずっとイイ)

まぁ要は、一橋大学は文系最高峰で就職や卒業生の平均年収もメチャクチャイイ大学だと思ってください。

『一橋大学に価値は無い』という発言の意味

では、どうしてホリエモンはそんな大学のことを『価値が無い』と言ったのでしょうか?

その答えは『入試難易度が高い割にはブランド力がない』からです。

そしてこれは堀江貴文自身の通っていた大学である『東京大学』と比較して言っていることを念頭に入れて置いてください。

東京大学は、日本最高峰で最も入試難易度が高い大学であるだけでなく、『東京大学の学生・卒業生である』ということだけで多くの人々からチヤホヤしてもらえるのです。

これは東京大学を知らない人がいない、つまり知名度が高いことと、日本には学歴をその人の実力を証明するものだと判断基準の一つにしている人が多いことが原因だと言えます。

一橋大学は京都大学と同じくらい偏差値が高く、早慶よりも頭のいい大学です。

ですが、そこそこ頭のいい大学以上の人でないと一橋大学を知っている人はあまりいません。

しかし、東京大学は頭のいい大学の人じゃなくても、日本国民なら全員が知っています。

これが東京大学と一橋大学の決定的な差です。

学力的には大きな差があるわけではないが、レベルの高い大学であるという認知(=すごい人だと思われるかどうか)が一橋大学には無いのです。

学歴を判断基準の一つとして見ることの多い日本では、このことがブランド力に直結しているのです。

学力・偏差値では東大>一橋>早慶だとしても、

ブランド力では東大>早慶>>>>>>一橋です。

ホリエモンさんは恐らくこのことを重視しているので『一橋大学は価値が無い』と発言したのでしょう。

これまで説明してきたことを考慮すれば、別におかしいことは言ってないですよね。

ホリエモンの過激な発言には、しっかり根拠がある

私がAbemaTVのホリエモンの発言を通して理解したことが、

彼は結構な頻度で過激な発言をして物議を醸すことがあるけれど、

その発言にはちゃんとした根拠があり、おかしなことを言っているわけではないということです。

彼の考えていることを全く理解しようとせずに、彼が発言したことだけを聞いたときは、おかしいなことを言う人だ!と思うかもしれません。

しかし、今回の『一橋大学は価値がない』という発言の意味からもわかるように、ちゃんと話を聞けば『ちゃんと根拠があって言っているんだ』ということがわかりますよね!

というわけで、今回はこれくらいにしておこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

ABOUT ME
miyadiary.net
当サイトを管理しています。IT(プログラミング)、旅行、アニメ関係などを中心とした総合ブログです。 私は主にIT技術についての記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です